セルフの意味が無~い!!

気楽にガソリンを給油したいので、あえてセルフのガソリンスタンドを利用しているのに、給油していると、必ずと言っていいほど、店員さんが車の周りをウロウロしだして、車をジロジロ見た上、タイヤの点検しましょうか?とか、オイルのチェックをしましょうか?とかなどと話しかけてきます。用事がある時はこちらから声をかけるから、放っておいてほしい!というのが本音です。セルフスタンドの意味を理解していない店員さんが多すぎると常々思います。

表示価格と・・・

「そろそろガソリンなくなるな。」と思って、ガソリンスタンドを探していると他のガソリンスタンドよりも3~4円安い所を発見。「ラッキー!」と思って入って、セルフなので降りてタッチパネルを押すと、その値段は、会員価格だった。カードで払うと他のガソリンスタンドよりも高い値段になってしまった。次は騙されないようにと思っているのだけれど、やっぱり表面の値段が安く見えて、そういう会員だけが安いスタンドにいつも入ってしまう。

セルフ給油の店員さん

ガソリン代が少し安くなるセルフ給油、昔は初心者の方の指導ぐらいしか店員さんは寄ってこなっかたのに、最近はすぐに店員さんが寄ってくるセルフ給油のスタンドが多いと思います1人でのんびりガソリンを入れていたいのに、すぐに店員さんが寄ってきて「オイルの状態みましょうか?」「ウォッシャー液入れましょうか?」「タイヤチェックしましょうか?」とまくしたててくる時がありませんか?きっとガソリン以外での売り上げも必要なのでしょうが、ちょっと面倒くさいです。

窓を拭いてもらうとき

ガソリンスタンドはセルフが主流になってきましたが私は自分で給油するのが不安なので全部やってくれところを選びます。窓も拭いてくれるところなのですが、子供がいつも窓ふきをじーっと中から見ているので大抵のお兄さんお姉さんは手を振ってくれるんですよね。子供もニコニコするしありがたいです。元気なお兄さんは大抵一人はいるので子供がそんな人の匂いを嗅ぎつけてはいつも手を振っています。窓一枚を隔てた子供とお兄さんのコミュニケーションあるあるです。

危険行為があちこちでみられます

ガソリンスタンドは最近セルフ化されてきているところが多くなりました。セルフ化されてきたためもありガソリン代も価格の高騰の時期よりも安くなり、セルフ化されてきたガソリンスタンドに行く人も多く感じます。高齢者でも迷わずガソリンを給油口から入れているところを見ると取り扱いが簡単になりました。ただ何も考えずに給油できることは安心できるのですが、給油時の注意事項を見る人はあまりいないように感じます。エンジンを切らないでステレオをバンバンかけたままで入れている人がいたり、携帯電をしたままで給油なんて普通、ヘッドライトを付けたままの人もいます。そんな中でも特に怖く感じるのは、給油口に少しでもガソリンを入れようと考えての行動でしょうが、蛇口をカンカンと給油口に当てている人がいます。注意書きには発火する事があるかもしれないのでしないようにと書いてあるのに、老いも若いも関係なく行っている人がいます。ガソリンスタンドの人も知っているはずなのに注意されません。痛い目にあわなければ解らないものなのかと考える事もしばしばです。事故がおこらなければいいのですがと思う今日この頃です。

このページのトップへ